オフィスデザインの原状回復をする場合

通常、賃貸物件やテナントを借りる場合は、最終的に原状回復をしなければならないことを前提にデザインをするべきでしょう。原状回復とは、元の状態に戻すことをいいます。もう少し具体的に説明をすると、テナントを借りている場合には、テナントを返却する時期が必ず来ます。その時に、元の状態に戻さなければなりません。通常、テナントを借りる時にはスケルトンの状態で借りているはずです。ですが、借りた後はオフィスデザインなどを考慮した形にしている人も多いでしょう。 ですが、借り主はそれらをすべて元に戻さなければいけない義務があります。これは、通常契約書の内容に書かれている内容ですが、人によっては元の状態に戻すことができない場合もあります。その場合は、借りた時に支払った敷金が全く戻ってこないか、敷金にくわえて残りたいなかった分りなかった額が請求されることも少なくありません。

オフィスデザインとは一体なにか

会社の事務所を借りる場合は、デザインがとても重要になります。デザイン性が高ければ、集中力が増し、仕事の能率の良くなります。これは実際にアメリカで計測されたデータですが、何でもない普通のオフィスで仕事をする場合よりも、色彩やデザインなどが凝ったオフィスデザインにした事務所は能率的に仕事をする社員が増えるようになります。結果的に、その会社の業績が上がり収益も高くなるでしょう。 オフィスのデザインを最新式にするにはお金がかかります。そのため、ある程度お金がある会社でなければなかなかデザイン性の高いオフィスにするのは難しいと考えて間違いないでしょう。デザイン性の高いオフィスを作ったとしても、退去する前には原状回復義務がありますので、壊さなければならない点に注意をしましょう。

デザイン性の高いオフィスを回復する

デザイン性の高いオフィスは、かなり丁寧に作り込まれているため、退去するにしてもそれらをすべて取り壊した状態で退去するのは非常に困難になります。また、せっかく作った価値あるデザインを台なしにするのは非常に無駄が多いと思う人も多いでしょう。そのような人のために、居抜き物件を使う必要もあります。居抜き物件であれば、わざわざ内装を壊す必要はありません。新しい借り主にその状態で渡すわけです。そうすることで、無駄なお金をかけずに済むだけでなく、お気に入りのデザインをわざわざ壊すことがなくなります。 ただし、居抜き物件にするためには借り主の独断ではできません。これは貸し主が決める話しになります。そのため、借り主と貸し主がしっかり話し合いをする必要があるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加